角膜潰瘍のウマ その後

角膜潰瘍のウマ その後

P1170001

 

約2週間、点眼キットで治療をしていたが良化しないので、結膜フラップをすることにした。結膜フラップは血流のない角膜を結膜で覆うことで、そこからの栄養を角膜にあたえて治癒を促進させる。

P1170003

今回は結膜全周を剥がし、覆うことにした。

P1170008

ACell Vetがあったので、だめ押しで結膜下に挿入。ACellは豚の膀胱を使った再生医療の膜。事故で無くなった指先を再生することで有名になった製品。米軍もこれを使って、兵士の手や足の再生の研究をしている。

P1170009

犬の眼用なので、ウマにはちょっと小さい。

P1170015

結膜を剥がしている最中。全周を剥がすのは、結構時間がかかる。

P1170022

ちょとえぐい?このまま3週間がまん。

P1170659

3週間後に結膜フラップを除去。それから2週間後。ACellのお陰か、結構表面はきれいに。なんとか摘出しないで済んだ。残念ながら、視力は回復しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です