競走馬の喉の検査 無線式の内視鏡を使ってみた

P1170651競馬でのどがけっこう鳴るというウマ。安静時の内視鏡検査では左側の披裂軟骨の開きが若干悪いだけ。

とてものどが鳴るような感じではない。
手術の依頼馬だったので、無線式の内視鏡(dynamic endoscopy)を使って調教中ののどの開き具合を検査することにした。

P1170656無線式の内視鏡を装着したところ。

P1170653走行中はハロン20-20位でも披裂軟骨は内側に内転し、声帯が気道を塞いでいた。
Tie Backと併せて、声帯を除去した。

vlcsnap-2012-11-10-23h19m15s85.jpg
左の披裂軟骨が内転し、声帯も大きく内転しているのが分かる。
多分競馬の時はもっと気道を塞いでいるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です