絶対に繋靭帯炎と思った乗馬

13歳、騸馬。J*Aの元誘導馬。原因不明の右肩跛行と診断され、そこの乗馬苑では2年間、肩に温湿布をしていたらしい。廃馬になりやってきた乗馬クラブから本当の原因が知りたいというので群馬のクラブまで行ってみた。

前もって送ってきたビデオでは、速歩でまっすぐ走ると明らかに右前の跛行。調馬策では左回りの方が跛行が悪化して見える。普通、右前の下肢部が痛い時は、右回りの方がより痛くなる。左回りで右前が痛いって、こりゃ典型的な繋靱帯炎だねっと思ったら・・・・。クラブに着いてみると。

早速触ってみると、明らかに右前繋靱帯の上のほうが痛い。やっぱりね。これはPSD。速歩では結構痛そう。神経ブロックの基本は末梢から。一応、跛行は変わらないだろうと思いつつ蹄に麻酔をしてみた。あら不思議。跛行が消失。こりゃ完全に予想外。おまけに、かなり触診で痛かった近位繋靱帯の圧痛も消失。???繋靱帯が痛いウマは蹄も痛い時があると言われているが・・・。
やっぱり乗馬で長期の跛行の原因NO1は蹄ですね。だまされた(笑)。

とりあえず蹄のレントゲン撮影。特別な異常も無く割と綺麗。予想外の展開で蹄も良く触らずに麻酔。今日はツメですねとしか言えず。蹄底のパッド、蹄踵を高く。他に出来そうなことは?

 

 

 

 

重症の蹄 part2

3週間ギプスを巻いた。歩様も少し改善してきた。

塩釜焼みたい。そんなに臭くない。いい感じ。

つめの割れている所はまだ痛々しいが、蹄球はくっついている。

縫合部も蹄壁も、なんとか感染も無く順調、 過剰な肉芽もなく、とても良好。全部抜糸。あとは割れている蹄壁の処置のみ。

今回はちょっと難しい症例なので、乗馬のS先生にワイヤー固定をお願いした。

蹄壁が薄いので、エクイロックで裂蹄の両側に土手を作り、そこにワイヤーを通して締めた。なるほど。

蹄底も補強。

手打ちそばの総本山とも言われる足利の一茶庵。前回は予約しないで行ったら1時前で、そばはもう、ありましぇーん。今回はリベンジ。予約しました。12時前なのに満席。予約して良かった!

細切りで、つゆも少しからめ。なかなか美味い。でも、私の本命は成田手前の408号沿いの久霧。ぱりっ?とした食感のそば。さらっとしてうまい。お昼のミニ天丼付き1000円がおすすめ。

 

 

重症の蹄にはギプス固定 part1

img_8472牧場で2才の競走馬が夜中に右後蹄にひどい外傷を負った。馬房のトタン板を突き破って引き抜いた時にやったらしい。馬房の壁やとびらにトタン板を使うのは危険だ。乗馬なども後ろ脚で蹴り破って、つなぎや腱をズタズタにすることがある。動脈を切れば、一晩で失血死。

外傷はあまりにもひどく、後ろ足なので、担当獣医師の依頼で全身麻酔で治療することにした。

外側の蹄球は蹄軟骨と共に中まで完全に切れていた。トレセンではちょっと見かけないほど重症。再び走れるようになるのか。

蹄球を引っ張ると、蹄底も蹄骨から剥がれてきた。ワラが中に入っていたので汚染が心配。時間をかけて中を洗浄と吸引を繰り返した。

蹄球を縫合。蹄球は絶対縫合しないと肉芽が大爆発する。蹄軟骨はくっ付く? 皮膚は全部縫合した。見た目は結構良さげです。うしろ側の蹄壁は薄いので、ワイヤー縫合はあきらめて専門家に依頼することにした。 蹄のひどい外傷は、ギプスで固定することで、きれいになおりやすい。割れた蹄壁からの感染予防と蹄球の早期の癒合が期待できる。セファロチンナトリウム10g を2回/日とゲンタマイシンを5日間投与した。

 

 

 

 

 

 

あっと驚く木片が・・・

乗馬がラチに激突した。ぶつけた右前腕にはキズがあり、担当獣医師に治療を受けた。1ヶ月間、外傷治療を受けたが治らなかった。担当獣医師にレントゲン、エコー検査を受けるも、決定的な原因は分からなかったが患部に針を刺してみると骨ではない何か硬いものがあるのが確認できた。
鎮静剤がほとんどきかない同馬は依頼により全身麻酔で倒馬して治療することにした。

キズの周囲を圧迫すると、中から膿が。鉗子で探ってみると確かに硬いものが中にある。

周囲を切開してみると、でかい木片が出てきた。あっと驚くためごろー! 知ってる?

アップにすると、結構迫力あるね。こんなのが良くも1ヶ月入っていたもんだ。皮筋の下にあるので、触っても木の感触は分からない。

前の方にも小さな木片が2つ。

他にも残っていたらまずいので、中を念入りに洗浄して前後にドレーンを装着し空洞のなかに漿液が貯まらないようにした。最後に包帯をしてドレーンからの感染を予防。

こんなのが1ヶ月も入っていたらウマもやですね。裏側は平で完全に柵の一部。

あらためてレントゲンを見てみると、木片の影が。木は白く映るのかの思っていたら、黒く写っていた。水分を吸収して透過性が増したのか、木片が筋肉を押し広げてそこだけ透過性が増したのか。木片が黒く写るというのは今後の重要な知見である。

5日後に担当獣医師にドレーンを抜いてもらったが、経過は良好らしい。

つくば科学博の年に開店した筑波西武が2月いっぱいで閉店した。32年間最後の日はものすごい人。いつもこんな感じだと、つぶれなかったのに。

50%引きの棚はものすごい人だかり。肉屋も魚屋も半額の威力はすごい。あっという間に全商品がなくなった。

良く買ったブールミッシュの棚も空っぽ。

筑波西武サヨウナラ!!

 

 

 

 

 

顔の外傷3題

img_8752目の上を切ったと連絡があった。まぶただったら、4-0で縫合しようと思って見に行ったら、額に近いところ。ちょと安心。

img_8753鎮静し局所麻酔をする。このような外傷の麻酔はキズの中から注射をすればOK。針を刺しても痛くないのでやりやすい。キズの中から刺すと汚染が心配な様な気がするが心配無用。

img_8755ドレーンを入れておくほどでもないので、ガーゼを少しだけ明日まで入れる。
こんな外傷だと、ステープラーを使う人が本当に多いが、簡単な外傷こそ手で縫って練習した方が、いざという時に役にたつ。眼瞼も綺麗に縫えるの?あなた!

img_8874ちょっとしてから、またまたそっくりな外傷。今度はバイクリルで中を縫ってから皮膚を縫合。

img_7821

鼻翼をひっかけて切った。ほっとくとカッコ悪いので縫合。鼻や口の周囲は汚れたりこすったりして管理が難しいい。バイクリルで中を縫って、皮膚を鼻翼の内外から縫合。鼻孔側のナイロン糸の断端が鼻孔にツンツンしないよう短く切って当たらないようにした。常時口カゴをしてもらったらきれいにくっついた。

なんでも切り取るのはやめよう!

img_5935シカゴのトランプタワー。すごいね。大統領タワーだ。

エンパイアメーカーとシカゴ 2

IMG_5788シカゴには夜に到着した。あんな高い所から降ろしている最中、暴れたらどうなっちゃうのかと心配なほどの高さ。
IMG_5793お迎えの超巨大な馬運車が倉庫に入ってきた。たった一頭だけ積んでケンタッキーへ。
さすが!無駄が大好きアメリカ人。

DSC05422コンテナが馬運車に直結。一歩も外に出ず馬運車に移動。
IMG_5798馬運車のなかでもメチャおとなしい。

IMG_5790同じ倉庫内には多分ドイツから来たAUDIの新型が無造作に置いてあった。
AUDI Q7。木枠がいい加減だと、いい加減のアメリカ人が驚いていた。

IMG_5800こっちは空港隣のホリデーインへ。巨大なベッド。

 

珍しいヒザの骨折

競走馬の腕節はほとんど同じところが骨折する。骨折する場所が決まっているということです。従って触診もそこだけをさわればOK。それを理解していない獣医師もいる。みていると、ひざのあっちこっちをあてもなく触っている。そんなあなた!レベルが分かるので気をつけましょう。普段の触診は3箇所だけ。
さて今回の骨折は第3手根骨の外側、中間手根骨の遠位内側が骨折していた。
普通、手根間関節の構成骨は内側が骨折する。外側は珍しい。

IMG_6860橈骨遠位端の外側をねらった写真に通常は骨折しない第3手根骨の外側の骨折が写っている。中間手根骨の遠位外側も折れている。

IMG_6864スカイビュー写真。矢印が第3手根骨の外側の骨折部位。真ん中から右の骨が第4手根骨。

馬の関節鏡手術第3手根骨の関節鏡手術は通常外側からスコープを入れるが、今回は内側から入れた。なんか変な感じです。外側から入れたロンジャーで無事に骨片を全て取ることができた。(この写真は別症例)

IMG_6857取れました!!

IMG_7010近所にこんなに大量のマキがあった。宝の山。家の周りがまきだらけになってしまった。。

 

 

 

エンパイアメーカーとシカゴ

エンパイアメーカーがアメリカに帰ることになり、昨年秋、付き添いでシカゴまで同行した。IMG_5751成田に駐機していた貨物機は旅客用を引退したジャンボ機だった。
ふだん私たちが目にしない機体。全ての席を取り払い全部が貨物室。
人間の席は2階にあった元ファーストクラスの一部。革のシートは結構くたびれていが、さすがに広い。でも今のフルフラットになるシートと比べると時代を感じる。

IMG_5767エンパイヤーメーカーは1階のコンテナの中。飛行中ほとんど身動きがとれないほど狭いのに、すごくおとなしく乾草を食べていた。こりゃ安心。

IMG_5770こちらは人間様の食事。同行の航空会社の人が温めてくれました。トマト味のシチュー。けっこう美味。パイロットは自分で温めていた。

DSC05405一度アンカレッジに着陸し米国の入国審査をしてから最終地のシカゴに向かった。

DSC05413 窓の外は雪だらけ。寒そう!

IMG_6929今週は新型でフライト。車だったら、新型はノイズも振動も低下するけど、何も変わらず。でも機首にレーダー、赤外線カメラがついてるんだって。
IMG_69392016.3.22.
圏央道の古河インター。つくば方面はいまださっぱり出来ていない。
これが完成すれば東名、中央道にすぐ行けるんだけど。早く作ってくれー!!
IMG_6942 東北新幹線と富士山。

 

 

 

ウマの粉砕骨折は救命できるか?

馬の粉砕骨折は珍しいことではない。速く走っても、障害を飛んでも、ロンジングをしても、ただ常歩であるくだけでも、つなぎの骨はバラバラになる。
今までは安楽死を選択するしかなかった。
当クリニックでは、日本ではじめて2頭の粉砕骨折の重傷馬を創外固定手術によって救命し無事に歩けるようになった。
創外固定手術は骨折した部位より近位の骨に挿入したピンをギプスに貫通させ、ピンとギプスで骨折部位を浮かせて治療する方法だ。欧米では以前から行われていた手術法であるが、挿入したピン周囲の感染のコントロールが難しい。

P1150570

1頭目は第1趾骨々折の手術を受けて1ヶ月後、休養中に突然粉砕骨折になってしまった競走馬。第1趾骨の遠位(下の方)はグシャグシャ。

P1150571横からの写真では螺子を中心に新たに骨折したこともわかる。上下の関節を支える骨がないので、ギプスの固定も難しい。このままでは安楽死の対象。
P1150577管骨にSecuros社製の創外固定用ピンを2本挿入し、ギプスに連結した。骨折部位を浮かすことで無事に2ヶ月後、粉砕骨折は治癒。跛行もせず、無事に繁殖のため北海道に旅たった。

P11808592頭目は第2趾骨の粉砕骨折の乗馬。 500kgを超える重さで途中ピンが1本折れたが、無事に骨折は治り 心配していた跛行もほとんどなく、乗馬に復帰した。

IMG_5162 現在は3頭目の手術を終えた。今回は悪条件がいろいろ重なった。障害を飛んで発症した骨折は前足の第1指骨。まさに粉砕骨折。体重も 600kg近い。おまけに発症からこちらに来るまで3週間経過。(もっと早く来て!!!)
ギプスの中で骨折した指骨は体重で上から圧縮され重なって短くなっていた。
麻酔からの覚醒時に重い体重で内側のピンが2本とも曲がってしまった。

IMG_5161ピンを抜き103日目の写真。こんなぐちゃぐちゃの粉砕骨折も創外手術で治すことができた。
IMG_5684たった半年で、ぐちゃぐちゃだった骨もくっついた。まだ速歩は怖いけど常歩は平気。素晴らしい!

IMG_6488 デルタ航空に乗ったら、スタバのコーヒーがでた。紙コップがなんだか厚いのでばらして見ると
IMG_6489二重になって、中に空気層があった。構造的には素晴らしいが紙がむだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマ用外傷スプレーの威力

欧米の馬関係の雑誌に良くあるのが、ひどいケガをした馬の写真と外傷に効果のある塗り薬の広告。
本当にそんなに効果があるのだろう

IMG_5677以前日本でも売っていたが輸入しなくなったマキシダーマスプレー。過剰な肉芽(バカ肉とも言うらしい)ができるのを防ぎ、外傷が早く治るので重宝していたが、売れ行きが悪かったらしく残念ながら輸入中止になってしまった。

IMG_45026/7。
洗い場から裏の小川?に落っこちて、ひざ関節の近くをばっさり切った乗馬。パッと見はたいしたこと無さそうだが。

IMG_4505深く切れている。やばい!

IMG_4506中を縫い、垂直マットレスで開かないように縫い、ドレーンも入れたが・・・・・。

IMG_45226/9。
中も結構汚染していて、足を曲げる度にぐちゃぐちゃになり、泡を吹き2度縫合し直してもまたまたぐちゃぐちゃに。
結局、全部抜糸。

IMG_46516/20。
ありゃ、こんなになってしまった。こりゃだめだ。在庫のダーマスプレーを渡す。

IMG_51418/7。
久しぶりにみたら、こんなに小さくなっていた。

IMG_53909/3。
いつの間にか、こんなにきれいに!すごいぞダーマスプレー!

IMG_6128もう軽井沢プリンスのスキー場はオープンしていた。11/16.