繋靭帯炎の乗馬

午前中は家内の友人の乗馬の診療。以前から跛行していたという。肩が出ないので肩が悪いと診断されていたらしい。驚きです。                   跛行しているウマの原因は、前肢なら95%が腕節から下。後肢は飛節から下が大半。筋肉痛や肩が原因で跛行するウマはほとんどいないことをおぼえておきましょう。肩跛行、寛跛行という言葉は間違いのもと。右前肢跛行、右前跛行、左後肢跛行、左後跛行が良いですね。このウマは繋靭帯が、かなり腫れていて指動脈も抗進し蹄球に圧痛があるので、念のため蹄の診断麻酔。跛行は消失しないため、次に球節のフレクションテスト。跛行は悪化し、繋靭帯炎と診断。エコー検査では、繋靭帯の中央付近はかなり太く、損傷傾向の像。球節の内側の繋靭帯の脚も太く、一部靭帯の繊維も消失し種子骨の付着面もかなり痛んだ状態。半年から1年は休まないとだめ?最近買ったウマらしいのですが、日本でも、買う前に獣医検査を依頼する事が重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です