ミニチュアホースの開腹

生後6ヶ月のミニチュアがハライタになった。3日間バナミンを投与するたびにケロッとするも腹はどんどん膨れてパンパンに。心配になってやって来ました。

情けないことに日本で売っているGEのエコーではさっぱりわからず、まるでダメ。

30Kgではあまりにも小さすぎて馬用の吸入麻酔器が使えない。久しぶりのトリプルドリップ。トリプルドリップはGGE、キシラジン、ケタミンの混合麻酔薬。2時間を超えると酸素分圧が低くなるので、のんびりはできない。

キシラジンもケタミンもほんの少し。全然薬使わないな。犬猫って薬品代タダ?(笑う)

手術台に載せるのもらくらく。2時間の手術でトリプルドリップ全然減らず。

便秘で結腸にボロがいっぱい。終わったらガスでパンパンだったお腹がぺしゃんこ。

元気になって抜糸にやって来ました。

ちっちゃいので横に倒しての抜糸。ベテランアニマルテクニシャンのM嬢による固め技で全く動けず。素晴らしい!

ライトエースに乗って帰ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です