重症の蹄 part2

3週間ギプスを巻いた。歩様も少し改善してきた。

塩釜焼みたい。そんなに臭くない。いい感じ。

つめの割れている所はまだ痛々しいが、蹄球はくっついている。

縫合部も蹄壁も、なんとか感染も無く順調、 過剰な肉芽もなく、とても良好。全部抜糸。あとは割れている蹄壁の処置のみ。

今回はちょっと難しい症例なので、乗馬のS先生にワイヤー固定をお願いした。

蹄壁が薄いので、エクイロックで裂蹄の両側に土手を作り、そこにワイヤーを通して締めた。なるほど。

蹄底も補強。

手打ちそばの総本山とも言われる足利の一茶庵。前回は予約しないで行ったら1時前で、そばはもう、ありましぇーん。今回はリベンジ。予約しました。12時前なのに満席。予約して良かった!

細切りで、つゆも少しからめ。なかなか美味い。でも、私の本命は成田手前の408号沿いの久霧。ぱりっ?とした食感のそば。さらっとしてうまい。お昼のミニ天丼付き1000円がおすすめ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です