あっと驚く木片が・・・

乗馬がラチに激突した。ぶつけた右前腕にはキズがあり、担当獣医師に治療を受けた。1ヶ月間、外傷治療を受けたが治らなかった。担当獣医師にレントゲン、エコー検査を受けるも、決定的な原因は分からなかったが患部に針を刺してみると骨ではない何か硬いものがあるのが確認できた。
鎮静剤がほとんどきかない同馬は依頼により全身麻酔で倒馬して治療することにした。

キズの周囲を圧迫すると、中から膿が。鉗子で探ってみると確かに硬いものが中にある。

周囲を切開してみると、でかい木片が出てきた。あっと驚くためごろー! 知ってる?

アップにすると、結構迫力あるね。こんなのが良くも1ヶ月入っていたもんだ。皮筋の下にあるので、触っても木の感触は分からない。

前の方にも小さな木片が2つ。

他にも残っていたらまずいので、中を念入りに洗浄して前後にドレーンを装着し空洞のなかに漿液が貯まらないようにした。最後に包帯をしてドレーンからの感染を予防。

こんなのが1ヶ月も入っていたらウマもやですね。裏側は平で完全に柵の一部。

あらためてレントゲンを見てみると、木片の影が。木は白く映るのかの思っていたら、黒く写っていた。水分を吸収して透過性が増したのか、木片が筋肉を押し広げてそこだけ透過性が増したのか。木片が黒く写るというのは今後の重要な知見である。

5日後に担当獣医師にドレーンを抜いてもらったが、経過は良好らしい。

つくば科学博の年に開店した筑波西武が2月いっぱいで閉店した。32年間最後の日はものすごい人。いつもこんな感じだと、つぶれなかったのに。

50%引きの棚はものすごい人だかり。肉屋も魚屋も半額の威力はすごい。あっという間に全商品がなくなった。

良く買ったブールミッシュの棚も空っぽ。

筑波西武サヨウナラ!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です