繋靭帯炎の競走馬

跛行の原因の90%以上が下肢部だと言われているが、日本では非常識である。
獣医も調教師も助手も厩務員も肩や腰の筋肉が痛くなって跛行すると思っている。
残念ながら、これは日本だけの特殊なことである。お陰で、いつまでたっても日本では筋肉注射、鍼治療のオンパレード。その結果、分からないのでササバリ!

IMG_2212  今回もそんなウマが栗東から来た。3歳牝馬。栗東では跛行して肩が出ないということで、肩周囲にお決まりの筋注を受けてきた。
速歩では、筋注を受けた反対の足が跛行していた。繋靭帯の近位付着部周囲は明らかに圧痛と腫脹がある。こりゃ痛いでしょ!

IMG_2221エコー検査では、明らかにひどい繋靭帯炎がわかる。こんなにひどいと触るだけで分かるんですけどね・・・・・。長期休養。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です