下顎骨々折

馬房内であちこち噛んでいる時に、下顎の前歯が何かの間にはさまってそれに驚いて頭を上げた拍子に、下顎を折ってしまう事が時々みられます。

通常、前歯2、3本を伴って下顎が折れる事が一番多いケースです。

グラグラしている下顎を切り取ってしまう乱暴な処置をみることがあります。

ワイヤーで固定することで、ほとんどが3週間から1ヶ月でもとの状態に戻す事が可能です。くれぐれも切り取ってしまわないように。

この写真は犬歯の近くで骨折した馬の下顎。

下顎骨々折、犬歯のところで折れている

1 thought on “下顎骨々折

  1. その節は大変お世話になりました。先生のおかげで、現在はすっかり顎も治り美味しく飼葉を食べることが出来ます。本当に顎をもぎ取られなくて良かったです。有難う御座いました。

ロイヤルハート にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です